×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップに戻る  前に戻る

伊豆半島一泊二日ツーリング
3月20日(月)
 出発〜R52〜R1〜R414沼津〜県R17戸田〜R136賀茂・松崎・南伊豆
              〜県R16石廊崎・弓ヶ浜〜R136下田・白浜(泊)
3月21日(火)
 R414天城・湯ヶ島〜県R59〜伊豆スカイライン〜芦ノ湖スカイライン
              〜R138山中湖〜R139河口湖・西湖・精進湖〜R358〜到着
 タンクバッグ1つ持っていざ出発!
天気は晴れですが、ものすごい風です!
この風が、今回の旅を味のあるものにしてくれるのです。

 左の写真は例の駐輪場です。
1台はみだしてるでしょう?
手前の2台が放置されているバイクです。
これが無くなれば、はみ出さなくても済むんですが…

 暖機運転を入念にやって、いざアクセルオン!
この瞬間はいつになってもトキメキです。

 R52を富士川沿いに、南に下る。何度も通ってる道だけど、旅の気分を高揚させてくれる道です。
1時間半ほどでR1に合流。この付近の由比ヶ浜で、キリンが高速から吹っ飛びました。
本を読んだ人なら、ここに来るとハッとすると思います。ここから落ちたら生きてるわけ無いよなぁ…
と思いながら100km/h巡航で東へ。R1は、ほとんど高速並のスピードで流れます。
 沼津に近づくにつれ、車の数が増えてきました。やっぱり3連休だけに混んでるよなぁ…。
覚悟はしていましたが、沼津市内の混雑にうんざり!路肩にスペースが無いので、すり抜けもNG!
はぁ、この先が思いやられる…。

 R414を外れ、県道17号線に進む。
これから伊豆半島西海岸を突き進みます。
“あそこは狭くて、曲がりくねってるから大変だよ”
フッフッフ、同期の阿部君、良い情報をありがとう!
そんな道こそ、我がベストロード!!ただし、バイクでに限る。
 しばらく走ると車の数も減ってきました。予定通り♪
道は1.5車線が主な海岸線沿い。
風が強いので、波しぶきが頭上から降り注ぎます。
潮の香りが最高!
DSCサイレンサーの心地よいサウンドが胸を震わす!
う〜ん、最高だね〜♪
 コーナーを抜けると、富士山が何度もどかんと目の前に
現れてドキッとさせてくれます。(写真)

 南に進むにつれ、富士山が小さくなってきました。(写真)

 それにしても、楽しい楽しい♪
FCRのセッティングがバッチリ決まってて、開け始めの
レスポンスが素直で、スルスルと加速して行きます。
やや濃い目で、出口でもたつく時がありますが、その分
開け始めを早くすると、ちょうど良い感じで脱出できます。
これでようやくセッティングが完了したか…


 県道に別れを告げてR136へ。そろそろ昼飯時である。が、なかなか良さそうな店が見つからない。
有るには有るんですけど、なんだか高級そうなお店ばかりで、なんとなく入りづらい…。
まぁ、走る事に夢中だから気にせずに済みますけどね。
 1時ごろになってやっと入ったのは、パチンコ屋の敷地内にある定食屋。
焼肉定食お願いします。「焼肉切れてるんですよ…。」 じゃぁ、日替わり定食。「それも…。」
あぁ、もうちょっとマシな店にすれば良かった。じゃぁ有る奴で、とハンバーグ定食を注文。
ハンバーグ、しょぼい…。でも、超新鮮な生ワカメ入りの味噌汁が絶品でした!
流石は海の幸の宝庫!(←調子が良い奴)
 
 R136は、海有り山有りのすごく楽しいルート!コーナーも曲がりやすくて、80km/hくらいでも
ススイっと曲がって行けます。伊豆の道ってこんな良い道が多いです。設計が良いんでしょうね。
ただ、休日だけ有ってサンデードライバーが多い!それでも、街中ではあまりあおらないように
やや距離を置いて走ってるんですが、何故か良く道を譲られる…。音がうるさいからかなぁ?

 カーブで対向車線をはみ出してくる車にヒヤヒヤしながらも、南伊豆に差し掛かる。
ちょっと国道から外れて石廊崎へ。実は、当初ここに宿泊する予定だったんですが、
まだ時間が3時前だったので、ただ寄るだけに。が、駐車場が有料!しかも岬までは結構歩きそうだ…。
結構足腰に疲れがあったので、無理はせずに回れ右!

 しばらく走って弓ヶ浜に到着。白い砂浜が続く綺麗な所です。ここの国民休暇村へ宿泊しようかな…。
あの、予約して無いんですけど…。「何名様ですか?」 1人なんです…。微かに嫌な顔をされる。
「お待ち下さい。」 カタカタカタ、「申し訳ありません、生憎部屋が満杯で…。」
 
予想通り。今日は平日前夜で宿泊は少ないはずなのに?
まぁ、1人で飛込みってのはちょっと大きめの宿泊施設じゃ無理なのは分かってましたけどね。

 しょうがない、下田の方へ行ってみるか、という事で再びR136に合流。すり抜けした後の信号発進で、
横のクラウンが行かせん、とでも言わんばかりに猛発進!ほほう、バイクがお気に召さないようですね?
ちょっとイジワルに右斜め後ろにピッタリくっついて走行。4輪に乗っていて嫌がられる行為を行う。
もちろんブレーキレバーからは指を離さない。しばらく走っていて、バカらしくなったのでさっさと追い越す。
あまり良い行動じゃなかったですね。カッカしても何も良い事は無し!反省反省!

 下田温泉の中心部をパスしてちょっと先の白浜へ。弓ヶ浜ほどじゃないですけど、ここも綺麗な海岸です。
良し、ここで宿泊地を探そう!という事で、今度はわりと錆びれてそうな所を物色。
民宿なら一発でOKなんですが、いかにも “よその家!”ってのが民宿です。
学生の頃は平気で玄関に入れたのに、今はそんな度胸が無い…。ふっ、俺も年取ったぜ…。(爆)
 結局、ちょっと傷んだ看板を出しているホテルに交渉。確信はありましたが、宿泊OK。女将さん曰く
「他所じゃ泊めないわよぉ〜。」 嘘おっしゃい、他に客が1人もいないじゃん♪
このくらいの規模のホテルに一人で泊まると、必ずと言って良いほどこう言われます。
 本日の走行266km。ちょっと物足りないけど、今の季節はこのくらいにしとかなきゃね。
 で、ホテルの入り口に“猛犬注意!” って張り紙が…。
おいおい、宿泊施設に犬がいるのかヨ、しかも猛犬?
思案してると、足元になにか物体が…。
なんだコイツかいな!ワハハ、これなら別にいいやぁ♪
猛犬とはかけ離れた大人しい老犬でした。
 一休みした後で海岸に下りてみる事に。
おぉ、サーフィンやってるぞ!まだ水は冷たいだろうに…。
サーファーに対して軟派なイメージを持っていましたが、
ひょっとしたらかなりの硬派かもしれないと思いました。

 強い風の為、波がかなり高いです。波の音がすごい!
潮騒ってまさしく騒がしいな、と波打ち際のベンチに座る。
ザザザザザァーッ…ザバァ・・…
波の音を聞くと、昔の事を思い出すのは何故でしょう?
海風に顔面をピリピリさせながら感傷に浸りました。
やっぱり海って良いよ、最高!
 海岸を歩いて横断したんですが、所々にこんな小川が。
申し訳程度に一本の木が…。これを渡れってか?
渡ろうとしましたが、足腰が参っててこりゃぁ無理だと
他のルートを探す。ふっ、俺も年取ったぜ…。(爆Part2)
 これがホテルの部屋からの眺め。電線がちょっと邪魔
ですが、なかなかの眺めでした。
波の音も良く聞こえて、これなら気持ちよく眠れそう?

 ホテルの夕食です。
海の幸を期待していたのに、なんだか寂しい。
食べてみるとちょっと冷めてて、今ひとつでした。
外で食べてくれば良かった、失敗!
 腹も膨れて、いざ風呂へ!女将さん曰く、
「今日はお客さんいないから、女風呂に入りなさいな。」

なんですと?絶対に女の人は入らないんですよね?
大体のところは女風呂のほうが豪華なので、
心遣いをしてくれたのでしょう。感謝感謝!
 しかし、風呂の壁が一面ピンク!いかにも女風呂って感じ。
なんだか落ち着きませんでした。
でも、ジャグジーも付いててなかなか快適!
ベホイミ程度に回復しました。

 こういうホテルに泊まると、いつも思うのが“寝具が物足りない”
エアコンがあるので、点けっぱなしにしていれば良いんでしょうが、毛布1枚じゃちょっと少なすぎる…。
案の定、夜中に寒くて目が覚めました。たまらず設定温度を最高に。
う〜、風邪引きそうな予感が…。一応部屋も暖まって眠る事は出来ました。
 そうそう、2人部屋に1人で泊まったので、ダブルベッドで広かったです!
今度は…2人で泊まってみたいもんです(涙)

 電話が壊れていて、モーニングコールが使えなかったん
ですが、ちゃんと7時前に起きる事が出来ました。
 いつも朝は食べないんですが、ツーリングの時はきっちり
食べとかないとね!民宿や旅館では、ご飯がお櫃に入って
きますが、そんな時は必ず全部詰めこむ事にしています。
 腹一杯になったところで、忘れ物がない事を確認して、
いざ出発!今日のメインは伊豆スカイライン!今まで車で
2回行ってますが、バイクでは初めて!走りまくるぞぉ!

 R414に入って、天城越え!ちょっと曇り空で、かなりこの先寒くなりそう。でも、これから通る道の面白さ
を思うと、そんな心配は吹っ飛んでしまいます。720度回転するループ橋に目を回しながら天城湯ヶ島へ。
伊豆スカイラインへと繋がる県道を探しつつ進んでいると、いつのまにか修善寺道路の表示が・・・。
しまった、行きすぎてしまった。引き返し、再び入り口を探す…。が、またもや通りすぎたらしい。
地図を良く見て慎重に探すと、標識も出ていないほぼ1車線の道路が横に…。ここか?
思い切って入ってみると県道59号の標識が先に見える。ふぅ、30分はロスしました。
この道は本当に山の中の道路。舗装された林道です。でも、こんな道が好きなんですよねぇ。

 途中でやっと見つけたタバコ屋で休憩。辺りを見まわすと本当に何も無い…。儲かるのかな、この店?
一服する内に、下半身に震えが!き、来てしまった。誰にも見られなさそうな茂みか何かは・・・無いなぁ。
しょうがない、この店で貸してもらうか。すいませ〜ん、トイレ貸してもらえますか?
「ハイハイ、突き当りを右に曲がって、それさらに左に…。」ありがとうございま〜す!

民家の中に押入ってトイレを借りる…。ふぅ、助かったぁ。お礼にノド飴を買って店を出る。
改めて休憩。ふとCBに目を向けると、なんだか違和感が…。ライトが上を向いている!まるで〇走族。
出発前にハンドルをいじったので、その時にずれてしまったんでしょう。どおりで車が良く譲ってくれる訳だ。

 肩の突っ張りも癒せた所でいよいよ伊豆スカイラインへ…と、また迷う。ちょうど前方から来た4台のバイクも
迷っているようだ。きっとスカイラインから来たに違いない。ブブンと走りよって、
すいません、スカイラインはこっちで良いんですか?「え、ええ、この先の交差点を右に曲がると…」
ありがとうございます!
…あれ、そっちの方は良いのかな?多分僕が来た道に行くんでしょうに・・・?
そういえばなんか怪訝な目線で見られていたなぁ。はっ、今は黒いメットにグラサンだ!
こわもてのおっさんだと思われていたに違いない…。
 言われた通りに進むと、すぐに入り口が見えました。熱海峠までの料金460円を払っていざアクセルオン!
全線通して80km/hを下回らないペースで走れる快適な道です。九州でいうとやまなみハイウェイかな?

 CBは後輪荷重で走った方が安定して速く走れる。中高速コーナーが続く道ではそれが良くわかります。
コワースのバックステップのおかげで、後ろよりに座った時の姿勢変更・荷重移動が行い易いですね。
街中を走る時には邪魔なブレーキペダルの高さも、攻めている時にはちょうど良い感じです。
これでハンドルがノーマルなら、乗りにくくてしょうがないでしょうねぇ。
 コーナーでは、ニュートラルよりもやや開け気味にした方が安定して曲がれます。
前輪荷重でグイっとやると、フロントフォークがよれてしまって、結局アンダーが出てしまう…。
もうちょっとフロントの剛性を上げたいな。スタビライザーは着いてるんですけど、これからの課題ですね。
まぁ、フロントタイヤのグリップを上げた事が原因の1つかもしれませんが。


 熱海峠を抜けて、伊豆スカイラインは終わり。いやぁ〜、楽しかったなぁ!これで460円は安い!
芦ノ湖スカイラインへ向けて県道20号に合流。進むにつれ段々と寒さが増して行く…。
水温計を見ると68度!FCRの調子もなんだか力不足感が有ります。
気温が低くなったので、混合比が薄くなったのかな?

寒さでヒザが笑い出しました。は、早く休憩したい!
 箱根峠の料金所を抜けた先のドライブインで休憩。ヒザが冷え切って、うまく歩けません。
レストランに入ってココアとカレーを食べる。このカレーがマズイ!なんでこんなに酸っぱいの?
カレーをまずく作れるなんて、そっちの方が難しいと思うんですが…。
 芦ノ湖スカイラインから続く箱根スカイライン。なんで統一しないんでしょうか?
疑問に思いながら走っていると、前方に2台のバイクが。かなり安全運転だ。
バイク相手だと、いつもやや遠慮して抜くんですが、調子に乗って飛ばしていたので、
勢いでズバッと抜いてしまいました。しかも短い直線で強引に。
おそらくビックリした事でしょう。ゴメンナサイ、お二人さん!

 この辺は写真を撮っていません。それは何故か?
走る事に夢中だったからです!それほど面白い道路なんですよ。
ちょっと曇り空だったのもありますけどね。
 御殿場を通り過ぎて山中湖へ。ここまで来ると見覚えの
ある道路なので、帰ってきたなという感じになります。
道路沿いの気温計を見ると、5度!寒いはずだ…。
凍結はしていないようですが、恐る恐る運転していました。
 写真は“道の駅鳴沢”から撮った富士山北斜面です。
見ると東に雲が伸びています。その先は箱根芦ノ湖。
だから寒かったのか…。

 甲府盆地と富士山を結ぶR358を通って、自宅に到着。
午後3時。本日の走行230km。お疲れ様、シビタ!

 さぁ〜て、いつもの様にタイヤチェック!
おや、なんだこの模様は?波のような接地跡が・・・?
今までこんな事は無かったです。
なんだかパワーの伝達ごとに付けられたような感じです。
右側も見てみましたが、付いていませんでした。
僕は右コーナーが苦手なので、コーナー中にパワーを
掛けられるのは左コーナーだけ。
ひょっとすると、これが乗りやすさの源でしょうか?
NSR500の位相同爆エンジンみたいな感じかな?


 しかし・・・こんな写真を撮ってしまうなんて、
小僧ですね、ワタクシ(^^

 今回のツーリングは、ソロでは初めての一泊ツーリング。大荷物を持たなくて済むので身軽で良いです。
後ろに荷物を積んでしまうと、乗車位置が限られてしまうので、走る楽しみが減っちゃうんですよね。
次のロングツーリング(多分北海道)は、この辺を踏まえて行きたいと思います。
キャリアでも付けるかな? 

前に戻る